大事にしていること

保育園をお探しの方へ
こども園が大事にしていること

教育・保育理念

「中道の教えに基づき、
今をよく生き社会性と協調性を
身につけた人間を育成する」

教育・保育目標

当園では、仏教の思想を取り入れ、常に乳幼児が安定感を持って十分活動が出来るように、その心身の諸能力を健全で調和のとれた姿に育成するよう努め一人ひとりの乳幼児が現在を最もよく生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を培うことを基本的な保育の方針とします。

  1. 子どもの健康と安全を図り、保護者の協力の下に家庭教育・保育の補完をする。
  2. 子どもが健康・安全で情緒の安定した生活が出来る環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにする。
  3. 豊かな人間性をもった子どもを育てる。
  4. 子どものこと・教育・保育に関する要望や意見・相談に応じ援助する など、社会的役割を果たす。

職員は、保育士会倫理綱領に従い保育にあたる。

教育・保育方針

じょうぶな子

外遊びと室内遊びのバランスを保ちながら、いろいろな体験を通して主体的に遊び、生活に必要な基本的生活習慣を身に付け、心身が健康でじょうぶな子を目指します。

あいさつのできる子

進んであいさつをすることにより、人と言葉を交わし喜んで話す、人の話をじっくり聞く、自分の思いや考えを伝えられる社会性を持ったあいさつのできる子を目指します。

こころのやさしい子

様々な友達、保育者、地域の人との関わりの中で、人に対する思いやりの心やおかげさまの心を大切に育て、協調性を持ったこころのやさしい子を目指します。